2018年のシリア内戦の死者は2万人を切ってる

リンク先の記事に書いてるけど一番多く死んでるのが民間人。
戦闘の終結や縮小が進んでるらしいけど現実に続いてる問題。

2018年日本国内の自殺者は20,840人

9年連続で減少はしてるけど2万人以上おる。
そうシリアの内戦よりも多い。
これを知った時なんか不思議な気分になった。

だから私たちはどうしていくべきなのか。

世界と自分は意外と繋がってたりするから世界で起こっていることも自分ごとのように捉えてみてもいいと思う。
しんどくならん程度に。

最後の最後で誤字ってるけどこの数字を見て絶望する必要はない。
でも事実やから目を背けることは難しい。

自殺に関しても個人的には生きること自体が至上とは思ってないから死を選ぶ人が悪いとも思わん。私も死ぬことだけ考えてる時期もあれば、少なくなってきたけど今だって自殺したらって考えることもたまにある。

ただそれでも死なんのは、死ぬのが勿体ないから。
人並み程度の知識と経験があるけど未来のことは全くわからんくて、どんなことが起こっても新しい情報として捉えられると思うし、捉えられることが人としての楽しみの一つやと思うから。