シェアオフィス西友を運営していると移住を考えている人の相談にのる事がちょくちょくある。移住をためらっている人の中には「移住するのが人生の目標です。」と大きく出る人もおるけど、正直そんな大きな事じゃないと私は思うし、私がそう思ってることも出来るだけ伝えるようにしてる。

環境を変えるってのは実際仕事や精神状態も変わる事が多いから移住を一世一代の大勝負じゃー!って思う人も多いとは思う。
でもそこまで思わなあかんのかって言われるとそうでもないと思う。

実際私がそうやけど、そんな大きな思いを持ってる訳じゃない。
一応言うとくけど別に移住を大勝負と思っている人を否定してる訳じゃないしそれだけの思いを持ってる人は素晴らしいと素直に思ってる。
私が言いたいのはそんな気持ちがなくても移住って出来るし、していいものって事。

日本は失敗しても立ち直りにくいと言われてるけど、「死ぬか死なんか」で考えたら、なんかあってもそんなに死なんと思ってる。
だからもし移住ができひんくても戻ったり違うとこ行けばいいと思うし、またチャレンジすればいいと思う。

薄情な考え方かも知らんけど実際自分の行動に責任取れるのは自分しかおらんと思う。そうやって割り切っていたとしても移住するってことは都会よりも人と直接的に関わる場面が多くなることと思うから、自然と情や愛着や信仰が湧いてくると思ってて、そういったご縁を大切にするって気持ちも必然的に出来るもんやと思ってる。

だからそういう縁ができた人の助けや恩返そうと思ったり、そのために自分のスキルを上げたりしておけば、その土地や人のことを考えた動き方になると思う。

まあ移住する前から力まなくてもなんとかなると思うってことです。